オーガニックコットンとは


オーガニックコットンというと、よい素材だから価格が高めだと感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、原料の時点では普通のコットンとなんらかわりはありません。では、なぜオーガニックと名のつくものの方が肌にやさしいといわれているのか。これは、仕立てあがるまでに科学的な処理をしていないものが大半だからだでしょう。加工方法も、そのままの優しい風合いを生かしているものが多いですよね。オーガニックとそうでないものの大きな違いは、環境に対する負荷です。オーガニック農法は、化学肥料はおろか農薬散布も行わない地球にやさしい農法です。オーガニックコットンは、肌が敏感な方や、赤ちゃんがいるご家庭で購入される場合が多いといわれています。肌と地球の両方にやさしい製品ですから、ぜひとも多くの人に利用していただきたいと考えます。

オーガニックコットンを使ってみて

先日普段使っているコットンがなくなったため新しいものを買いに行きました。そこでオーガニックコーナーというコーナーが設けられていて気になったので覗いて見ました。そこには化粧水や保湿クリーム、洗顔料などありました。そこにオーガニックコットンを見つけました。普通の物と何が違うのだろうと気になり買って見ました。吸収性が良く、化粧水のパッティングとパックにも使いやすいと感じました。成分としてはオーガニックは肌に優しいことが注目点となっており敏感肌や乾燥肌には最適だと感じました。柔らかく使い心地が良いのでリピート買いしようかと考えています。裂いて脚のパックなどにも使用しています。化粧水を付けたあとにオイルを塗り、マッサージするのがベストだと感じました。あと通常のコットンよりオーガニックコットンの方がコストパフォーマンスもよく買いやすいかと考えています。

ブームを経て定着しつつあるオーガニックコットン

最近ではもうすっかり耳馴染みしているオーガニックコットンです。ロハスの流れからブームを呼び、今ではすっかり定番化しつつあります。化学肥料や農薬を使わず有機栽培で育てられた綿花をそう呼ぶのですが、注目されていた当初は当然希少価値があがり、生産コストも高くなるので少し高価ではありましたが、最近ではオーガニックコットンの本家本元のアメリカ産以外にもアジアやアフリカ諸島などでも右に倣えで生産されており、比較的低価格で各消費者のお手元に届くようになったといいます。ブームになれば各国こぞって生産を広げていく、そこに利益が生じ、生産国に潤いを与えれば、各国ウィンウィンで貿易とは成り立つのかもしれません。けれど、本来のオーガニックコットンの定義としてはどこかずれている様な気がしてなりません。流行しているから各国こぞって生産する事が決して悪いわけではないのですが、流行だから生産する、というスタンスに疑問を感じられずにはいられません。質の向上は期待出来ず、そのうち飽きられてしまうのではないでしょうか。

2万円以上ご購入頂けた場合、送料は無料となります! お届けに関しましては、通常4~6営業日にてお届けいたします! 個人様も卸価格で買えます! 鉛筆が1本あたり約20円から。消しゴムは1個あたり約30円から買えます。 ここでしか買えない学用品や文房具などを主力商品・サービスとして販売する、学校の先生やご両親にもご満足いただける通販サイトです。地域での夏祭りに最適な景品がお安くなっております! 幼稚園の景品ならこちら