通販でランドセルを選びましょう


ランドセルとは、小学校に通う時に背中に背負って使う鞄です。6年間使うものなので丈夫にできていて、素材やデザインも豊富にあり選ぶのに迷うほどたくさんあります。購入する方法は、量販店で実物を見て購入する以外に、通販で購入することもできます。最近では、工房系と呼ばれる鞄屋さんがランドセルを作っており、高級感のある仕上がりに人気があります。しかし、工房系は店舗が少なくまた、量販店で欲しいものがみつからなかったときなどは、インターネットで情報を集めて欲しいランドセルを販売している会社からカタログを取り寄せて注文します。カタログと一緒に生地と色見本を送ってくれることが多く、実物を見なくても雰囲気がつかめます。

ランドセルに必要な機能

ランドセルは毎日使うものなので、快適に使うため通販で購入する際にチェックするポイントを紹介します。教科書や教材を入れると、ランドセルはかなり重くなります。ランドセルは背中から離れた状態で背負うと重さをより感じやすくなるため、背中にくっつくように工夫がされているものがよいです。また、男の子は特にランドセルを乱暴に扱うことがありますが、形が崩れないよう補強されているものがあり、6年生になっても綺麗なまま使うことができます。防犯ブザーを持つことへの配慮もあります。少し前まで、側面に防犯ブザーを付けていましたが、緊急時に手が届きにくいという欠点がありました。そこで、肩ベルトの胸の部分に取り付けができるものを選びます。利き手に合わせて左右どちらにも付けられるようになっています。選ぶ時の注意点は、親だけで選ばすお子様と一緒に選ぶようにすることです。お子様もお友達とランドセルの話をしながら、こんなランドセルが欲しいなとイメージができています。せっかくのプレゼントがお子様の希望と違うなんてことがないよう、お子様の意向も聞きましょう。

ランドセルの素材と価格

たくさんあるランドセルから通販で一つを選ぶのは大変ですので、こんなランドセルが欲しいという希望をいくつかあげるとよいです。例えば、小学校が遠かったり、お子様の体力がまだ心配という方には、軽いランドセルがお勧めです。価格も幅広くあるので、予算も決めておくとよいでしょう。重さや価格は、素材によって異なります。一番軽いのは人工皮革のクラリーノです。軽くて丈夫ですし刺繍などのオシャレなデザインが楽しめます。価格も2万円台から5万円台くらいで求めやすいです。牛革は、クラリーノより150グラム前後重くなりますが、光沢があり高級感があります。デザインはシンプルなものが多く、子供の頃から本物志向の親御さんに人気があります。価格は6万円台が多くあります。